産経ニュース

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(35)日本が近代化した金融制度 高利貸に苦しむ朝鮮農民救う

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】
(35)日本が近代化した金融制度 高利貸に苦しむ朝鮮農民救う

朝鮮の農村風景。農業も日本統治時代に大きく発展した(当時の絵はがきより) 朝鮮の農村風景。農業も日本統治時代に大きく発展した(当時の絵はがきより)

前のニュース

 拓殖大学は、明治33(1900)年、台湾協会学校として創設された。初代校長は後に3度首相を務める桂(かつら)太郎である。海外で活躍する有為な人材育成を目的とし、同40年には、東洋協会専門学校(改称)京城分校(後に官立の京城高等商業)を開校。朝鮮の近代化に尽くそうと多くの若者たちが“海峡を越えた”。

 その一人に、重松●修(まさなお)(1891~1975年)がいる。朝鮮発展に捧(ささ)げた無私の生涯は『朝鮮で聖者と呼ばれた日本人』(田中秀雄著)に詳しい。同校を卒業した重松は大正4(1915)年、朝鮮総督府の官吏になった後、同6年、朝鮮北部平安南道の陽徳地方金融組合理事に転じる。平壌から約150キロも離れた山深い厳寒の地であった。

 重松は、同8年3月に発生した大規模な抗日・独立運動「三・一事件」に巻き込まれて被弾。右足が不自由になりながらも、私財を投じて寒村に「養鶏」を根付かせ、「卵の代金を貯蓄させて耕牛を買う」というシステムを構築する。

 豊かになった朝鮮の農民たちは、やがて重松を「聖者」と呼び、功績を顕彰する頌徳(しょうとく)碑も建てられた。終戦まで朝鮮在任約30年。日本へ引き揚げたとき懐には、わずかな金しか残っていなかったという。

 ◆極めて幼稚な朝鮮経済

 重松がいた「金融組合」をつくったのは目賀田種太郎(めがた・たねたろう)(1853~1926年)である。

 米ハーバード法律学校(現大学)に留学、大蔵省主税局長などを務め、明治37年、第1次日韓協約の下で、大韓帝国の財政顧問に就任。紊乱(びんらん)の極にあった財政や金融システム、税制、貨幣制度の徹底改革・近代化に乗り出す。そのひとつが、農民に低利で資金を貸し付ける金融組合の設置(40年)だった。

 なぜ、金融組合が必要だったのか? 昭和11年発行の『25年!朝鮮は何を得たか?』(京城日報編)にはこうある。

続きを読む

このニュースの写真

  • (35)日本が近代化した金融制度 高利貸に苦しむ朝鮮農民救う

「ライフ」のランキング