産経ニュース

百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る

ライフ ライフ

記事詳細

更新


百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る

通路と工房を隔てるガラスは高さ1.5メートル。作業の様子が見えて、客と会話が弾むことも 通路と工房を隔てるガラスは高さ1.5メートル。作業の様子が見えて、客と会話が弾むことも

 秋冬の既製服が出そろった百貨店に、業務用の大型ミシン9台が並ぶ工房が誕生し、注目されている。技術者が服を手際よく仕立て直すかたわらで、小鳥や犬などを描き出す刺繍(ししゅう)機の動きに目がくぎ付けの子供や、愛用のジーンズを持ち込む男性も。店員は「婦人服売り場になかった光景」と驚いている。(牛田久美)

自分だけのデザイン

 東京都豊島区の百貨店「西武池袋本店」の売り場「パーソナルオーダー」(100平方メートル)。

 「20代のころ奮発して買った。また着たい」

 50代の女性が、柔らかい羊毛のピンクベージュのジャケットを持ち込んだ。新入社員時代の苦楽をともにした思い出のスーツという。

 「お金もなかったけれど、輸入物の売り場に配属されて、イタリア製のかっこよさにあこがれた」

 デザインは、当時流行したビッグショルダー。工房は、大きな肩パッドをはずし、肩から腰まで体に沿うよう詰める提案をした。

 数日後。「すっきりした印象で、右腕が長めの私の体にもフィットして着心地がいい」。タンスで眠っていた服は“自分だけのデザイン”に生まれ変わり、今秋、再び活躍しそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る
  • 百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る
  • 百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る
  • 百貨店に仕立て直し工房誕生 一人一人の「似合う」を作る

「ライフ」のランキング