産経ニュース

【びっくりサイエンス】女王が出すホルモンで母性アップ 働きネズミが子守役に大変身 ハダカデバネズミの謎解明

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
女王が出すホルモンで母性アップ 働きネズミが子守役に大変身 ハダカデバネズミの謎解明

ハダカデバネズミ(三浦恭子・熊本大准教授提供) ハダカデバネズミ(三浦恭子・熊本大准教授提供)

 アフリカのサバンナで集団生活しているネズミの仲間「ハダカデバネズミ」。巣には女王ネズミがいて、その子を働きネズミが世話している。このような社会は哺乳類では珍しく、仕組みは謎だったが、麻布大などの研究で、女王の糞(ふん)に含まれる女性ホルモンによって働きネズミが母性本能を刺激され、子守役になることが分かってきた。

女性ホルモンがないのに子ネズミを世話

 体長十数センチのハダカデバネズミは、名前の通り体毛がほとんどなく、前歯が口から飛び出ている。大きいと総延長が数キロにも及ぶトンネルに、数十匹の群れで暮らす。暗い地下生活のため視力はほぼない。平均寿命は約30年と、ネズミの仲間としてはかなりの長生き。がんにかかりにくいことも、よく知られている。

 群れの中では、女王1匹と数匹の雄だけが繁殖を行う。他の雌は卵巣が発達しないため子を産まず、植物の根などの餌を集める働きネズミになる。女王は子を産むと授乳するが、子の体を温めたり汚れを取ったりといった他の世話は働きネズミが行う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女王が出すホルモンで母性アップ 働きネズミが子守役に大変身 ハダカデバネズミの謎解明

「ライフ」のランキング