産経ニュース

【話の肖像画】ゲームクリエーター・田尻智(4)最初のゲームは「めくる」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ゲームクリエーター・田尻智(4)最初のゲームは「めくる」

田尻智さんの小学校時代(本人提供) 田尻智さんの小学校時代(本人提供)

 〈ゲームライターとして活動していた20代前半、仲間たちとともに独自のゲームをつくろうと、新たな挑戦が始まった〉

 きっかけは中学3年の頃に応募した、ゲーム会社のアイデアコンテスト。僕が世の中に打って出るとしたら、これしかないと思いましたね。その年は参加賞でしたが、翌年に業界大手のセガ(現セガゲームス)が主催したコンテストで優秀賞になり、アイデアスタッフのような立場になりました。

 しかし、いくら待っても自分のアイデアが商品化されない。だったら自分たちで作ろうと…。開発機材を購入するのはお金がかかるので、それも自分たちで作っちゃえ、と…(笑)。まずはファミコン(ファミリーコンピュータ)を分解して仕組みを調べ、中古のパソコンなどで開発機材を自作し、徐々にゲームづくりを本格化させていったのです。

 〈当初は何もかもが手探りで、何度も壁に突き当たった〉

 最大の課題は、アイデアはあってもプログラミングできるスタッフがいなかったこと。たまたま僕らが作っていたミニコミ誌「ゲームフリーク」の読者に、宇和島(愛媛県宇和島市)在住のプログラミングの分かる4人グループがいて、彼らが専門学校に入るために上京してきたので仲間に誘いました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング