産経ニュース

【解答乱麻】明治150年を振り返る 民主主義を考え直すとき 日本漢字能力検定協会代表理事会長兼理事長・高坂節三

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
明治150年を振り返る 民主主義を考え直すとき 日本漢字能力検定協会代表理事会長兼理事長・高坂節三

 明治維新を機とする「文明開化」から現代に至るまでの150年間に、日本はさまざまな領域で大いなる変化を経験してきた。私自身が関係している「漢検 漢字博物館・図書館」(通称・漢字ミュージアム)でも、「明治150年と漢字」という連続講座を企画している。

 明治2年、全国に先駆けて「番組小学校」という64校の小学校を民間の力で立ち上げた京都市でも、学校歴史博物館で「明治150年 京都の学校史をたどる-小学校編」を開催している。この展示からは、150年の小学校の変遷とそこに生きた人々の生きざまを知ることができた。

 なんと言っても「先の戦争」が与えた小学生への影響の大きさを身に染みて感じたのである。「集団疎開の生活を絵巻物にした作品と、その時の思い出を書いた言葉」に強烈な印象を覚えた。お習字習い帖(ちょう)を大切に保管されている方もいた。小学4年生の時に集団疎開を余儀なくされ、その年に終戦、5年生の時には自宅に戻られ、学校名も国民学校から小学校に変更、書かれた文字も「ウチテシヤマム」から、一変「世界永遠平和」に代わっていたのである。

 この分厚いお習字習い帖をお母さんが大切に保管されていたという。出征兵として遠く仏印に派遣されていたお父さんが帰国された時に、子供の成長過程を見せるために保管されていたという。お気の毒なことにお母さんが、お父さんに見せる機会は二度と来なかった。

続きを読む

「ライフ」のランキング