産経ニュース

織田信長が今川義元から奪った「天下取りの刀」義元左文字復元プロジェクトが熱気 生誕500年ひかえ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


織田信長が今川義元から奪った「天下取りの刀」義元左文字復元プロジェクトが熱気 生誕500年ひかえ

刀を鍛える内田義基さん(提供写真) 刀を鍛える内田義基さん(提供写真)

 その後豊臣秀吉の手を経て秀頼に受け継がれ、徳川将軍家のもとへ渡った後に明暦の大火にあう。修復のため再度鍛え直された。明治になり、京都に信長をまつる建勲(たけいさお)神社が建てられると、徳川宗家から奉納され、今日にいたる。刀の模様などは変わっており、義元が持っていた当時の姿は残っていない。

 刀身の復元を担当する内田さんは「文献など資料が少なく、当時の刃の模様などは想像で補う部分もある」と話す。

 佐野さんは「この企画を通じて義元の魅力を多くの人に伝えたい」と話している。

このニュースの写真

  • 織田信長が今川義元から奪った「天下取りの刀」義元左文字復元プロジェクトが熱気 生誕500年ひかえ
  • 織田信長が今川義元から奪った「天下取りの刀」義元左文字復元プロジェクトが熱気 生誕500年ひかえ

「ライフ」のランキング