産経ニュース

東日本、史上最も暑い夏 平年より1.7度高く

ライフ ライフ

記事詳細

更新


東日本、史上最も暑い夏 平年より1.7度高く

6~8月の東日本、西日本の平均気温の平年差と平均降水量の平年比 6~8月の東日本、西日本の平均気温の平年差と平均降水量の平年比

 気象庁は3日、6~8月の夏の天候まとめを発表した。東日本(関東甲信、北陸、東海)は平年より1.7度高く、1946年の統計開始以降、最も高くなり、1.1度高かった西日本(近畿、中四国、九州)とともに記録的な高温だった。

 気象庁によると、太平洋高気圧とチベット高気圧がいずれも強くなり、晴れて気温が上昇する日が多かった。埼玉県熊谷市では7月23日に国内観測史上最高の41.1度を記録。全国に927ある観測地点のうち202地点で過去の最高気温に並ぶか、更新した。

 また、北日本(北海道、東北)の日本海側、西日本の太平洋側と沖縄・奄美は台風や前線の影響で記録的な大雨になる日があり、夏全体の降水量も多くなった。沖縄・奄美は観測史上最も降水量が多い夏となった。

このニュースの写真

  • 東日本、史上最も暑い夏 平年より1.7度高く

「ライフ」のランキング