産経ニュース

【移住のミカタ】岩手県雫石町 秋祭りに備え相撲の稽古

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【移住のミカタ】
岩手県雫石町 秋祭りに備え相撲の稽古

三社座神社の土俵で元気に相撲の稽古をする小学生たち 三社座神社の土俵で元気に相撲の稽古をする小学生たち

 地域おこし協力隊に入隊して、まちづくり会社に配属され、移住促進事業などに携わりながら、1年がたちました。もともと岩手県雫石町とは、幼い頃に縁があり、5歳の頃に母が勤めていた会社の慰安旅行で小岩井農場に連れて来られたことが最初の出合いでした。成人してから山菜を採るのが趣味になり、いつの間にか、春先には国見温泉まで来るようになっていました。根曲り竹は竹皮のまま焼き、酢みそで食べることくらいしか知りませんでしたが、移住してから根曲り竹が郷土料理を成立させる重要な食材の一つであることが分かりました。この料理を「重っこ料理」と呼び、幾つかのお重を皆で取り分けて食べる、おもてなしの精神にあふれた伝統の料理です。

 そんな郷土料理のおいしさと地の食材が持つ滋養のおかげか、秋の祭りが近くなると、元気な小学生が三社座神社の境内に集まり、祭り本番で行われる相撲大会に向け、喜々として相撲の稽古を始めます。土俵で熱戦を繰り広げる子供らを大声で応援しながら観戦するのは、とても心地良いもので、とてもぜいたくな時間と空間です。(雫石町地域おこし協力隊 鐙屋(あぶみや)清)

 ◇

 メモ 東京駅からJR東北新幹線(盛岡経由)でJR田沢湖線の雫石駅下車で約3時間、またはJR秋田新幹線の雫石駅下車で約2時間半。問い合わせは、雫石町政策推進課(電)019・692・6499。

「ライフ」のランキング