産経ニュース

【アート 美】フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【アート 美】
フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて

フェルメールが洗礼を受けた「新教会」の塔から見えるデルフトの風景。街の中心、マルクト広場にある市庁舎で画家は結婚した(黒沢綾子撮影) フェルメールが洗礼を受けた「新教会」の塔から見えるデルフトの風景。街の中心、マルクト広場にある市庁舎で画家は結婚した(黒沢綾子撮影)

 オランダの首都アムステルダムから南西へ、電車で約1時間。歴史ある小都市デルフトは、17世紀の画家、ヨハネス・フェルメールが生涯を過ごした街で知られる。

 街の中心、マルクト広場に、フェルメールが洗礼を受けた「新教会」と、彼が結婚を誓った「市庁舎」が向かい合って建っている。そびえる新教会の塔(高さ108メートル)を息も絶え絶えに上り切ると、オレンジの屋根が連なる美しい街並みが眼下に広がった。「フェルメールの人生は、この広場を中心に半径数百メートル圏内にありました」。歴史ガイドの男性が説明してくれた。

 実際、生家だった宿屋「飛ぶ狐(きつね)亭」跡、結婚して亡くなるまで暮らしたアトリエ兼住居、理事も務めた画家ギルド「聖ルカ組合」の拠点など、フェルメールゆかりの場所は広場周辺に集中している。またフェルメールは結婚を機に、カルヴァン派のプロテスタントからカトリックに改宗。没後埋葬された「旧教会」も歩いて数分と近い。聖ルカ組合があった場所は現在「フェルメールセンター」として、画家の生涯や絵画技法などをひもとくアートセンターになっている。

                   

 多作で知られる同時代の巨匠、レンブラントとは対照的に、フェルメールは寡作で現存するのは世界でわずか35点前後。その大半は穏やかな日常を描いた風俗画だが、2点だけ風景画をのこしている。いずれも故郷デルフトの風景だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて
  • フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて
  • フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて
  • フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて
  • フェルメールの故郷・デルフトの眺望を訪ねて

「ライフ」のランキング