産経ニュース

【昭和天皇の87年】大帝崩御 偉大な祖父の尊顔を、皇子はまぶたに焼きつけた

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
大帝崩御 偉大な祖父の尊顔を、皇子はまぶたに焼きつけた

画=豊嶋哲志 画=豊嶋哲志

明治の終焉(1)

 明治天皇の様子に、明らかな異変がみられたのは明治45年7月15日、枢密院会議の席上だった。

 ふだんの明治天皇は、会議で玉座につくや端然とし、微塵(みじん)も姿勢を崩さない。ところがこの日は、閣僚や枢密顧問官が居並ぶ中で、居眠りをはじめたのだ。

 日露の秘密協約に関する会議である。交渉経過を説明するはずだった首相の西園寺公望らは、はじめて見る異変に戸惑い、狼狽(ろうばい)した。

 何より明治天皇自身が驚いた。会議終了後、左右の近侍に「重要な会議なのに疲労に堪えず、覚えず座睡を3回もしてしまった」と漏らしたと、宮内省編集の『明治天皇紀』に記されている。

 明治天皇は翌16、17日も公務につくが、不整脈がみられ、18日には「終日恍惚(こうこつ)として仮眠」する状態だった。そして19日の夕食時、「眼がかすむようだ」と言って椅子から立ち上がり、よろけるように倒れた。近侍らが慌てて布団に寝かせたが、40・5度の高熱で、やがて昏睡(こんすい)状態に陥った。

 翌朝、東京帝国大医科大教授の医師2人が尿毒症と診断。急ぎ参内した元老、閣僚、陸海軍大将、枢密顧問官らは愕然として色を失った。

× × ×

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング