産経ニュース

【明治150年】第4部 万博(4)2025年誘致活動 “負の遺産”が大阪復権の起爆剤になる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【明治150年】
第4部 万博(4)2025年誘致活動 “負の遺産”が大阪復権の起爆剤になる

2025年万博の構想 2025年万博の構想

 大阪の海の玄関口、天保山(てんぽうざん)(大阪市港区)。海に面した広場に巨大な記念碑が立っている。

 「明治天皇観艦(かんかん)之所」。幕末の慶応4(1868)年初め、鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に敗れた最後の将軍、徳川慶喜(よしのぶ)は、大坂城から天保山を経て江戸へ敗走した。この碑は同3月、天皇として約500年ぶりに京都を離れ、この地で新政府軍に参加する各藩の軍艦を眼下に見た明治天皇による、日本初の観艦式の歴史を記すものだ。つまりこの碑は、大阪が明治の始まりの重要な舞台だったことを伝えている。

 かつて明治天皇が望んだ天保山沖には現在、当時は姿形もなかった広大な人工島「夢洲(ゆめしま)」が浮かぶ。東京への一極集中が叫ばれて久しい中、2025年にここで大阪2度目の万博を開こうと、誘致活動が展開されている。

                    

 「東京(五輪)も2度目、大阪万博も2度目といきたい」と、万博誘致に意欲を示すのは大阪府の松井一郎知事だ。

 当時の府の人口の10倍近い延べ約6千万人の来場者を集めた昭和45年の大阪万博を、幼少期に経験した。高速道路・地下鉄の整備、空港の国際化などが国家プロジェクトとして進められ、華やかなりし大阪を肌で感じた一人だ。

 しかし成長は、大阪万博の時代をピークに下降。44年に12%だった実質経済成長率は低下し、東京への経済・人口の集中が進んだ。万博でにぎわった大阪も経済の地盤沈下が続き、一地方都市に埋没する。

続きを読む

「ライフ」のランキング