産経ニュース

朝吹真理子さん7年ぶり新作「TIMELESS」 重なる時間、循環する命

ライフ ライフ

記事詳細

更新


朝吹真理子さん7年ぶり新作「TIMELESS」 重なる時間、循環する命

「朝も夜も弱い“ロングスリーパー”。大体遅く起きて夕方まで書いてます」と話す朝吹真理子さん (三尾郁恵撮影) 「朝も夜も弱い“ロングスリーパー”。大体遅く起きて夕方まで書いてます」と話す朝吹真理子さん (三尾郁恵撮影)

 26歳での芥川賞受賞からはや7年。朝吹真理子さん(33)が初めての長編小説『TIMELESS(タイムレス)』(新潮社)を出した。恋愛感情は抱かずにドライな形で命をつないでいく若い男女の姿を、幾層にも重なる時間の中に描く。自然と人類、歴史と現在といった境界も溶ける壮大な物語空間が広がる。(海老沢類)

                   

 デビュー作でドゥマゴ文学賞を受け、翌年には芥川賞。スタートは順風だったが、今作の連載を始める平成27年末まで書けない日々が続いた。「(芥川賞の)『きことわ』を書き上げてすぐ、タイトルと一組の男女が歩き続けるイメージは浮かんでいた」と朝吹さん。「でも2人がどこを歩いているのかも分からない。書いても書いてもモノにならなかった」

 打開のきっかけをくれたのは歴史学者の磯田道史さん。対談の帰り、一緒にタクシーで東京・六本木を通りかかったときに教えられた。400年前の六本木あたりは麻布が原と呼ばれ、現在のミッドタウン付近で徳川2代将軍・秀忠の妻だった江姫(ごうひめ)が荼毘(だび)に付されたのだ、と。火葬で焚(た)かれた香木の煙は1キロにわたり空にたなびいた、とも。「400年前の景色が現在に流れ込むビジョンが見えた。2人はここにいたんだ!と。イメージが爆発して、その夜から一気に書き進めました」

続きを読む

「ライフ」のランキング