産経ニュース

不登校だった高校生俳人・小林凜さん「行きたくなければ夏休みを延ばせばいい。逃げて」 生きるとは「抗う」こと

ライフ ライフ

記事詳細

更新


不登校だった高校生俳人・小林凜さん「行きたくなければ夏休みを延ばせばいい。逃げて」 生きるとは「抗う」こと

昆虫や植物が好きで近所をよく散策するという俳人の小林凜さん。「俳句は私にとって生きる力。これからも自分の思いを発信していきたい」=7月21日、東京都千代田区 昆虫や植物が好きで近所をよく散策するという俳人の小林凜さん。「俳句は私にとって生きる力。これからも自分の思いを発信していきたい」=7月21日、東京都千代田区

 壮絶ないじめから不登校を経験したが、句作と大好きな動物たちの存在に支えられてつらい日々を乗り越えた「高校生俳人」がいる。大阪府岸和田市の小林凜さん(17)は夏休み明けの登校に悩む子供たちに「行きたくなければ夏休みを延ばせばいい。逃げて、生き延び続ける。それが宿題」とメッセージを送る。

 944グラムの超低出生体重児として生まれた小林さんは、小学校入学後も体が小さく、いじめの標的となった。「学校に行かないのは規則破りだと思い込んでいた」と通学を続けた当時を振り返る。

 だが、暴言だけでなく、「命に関わる」というほどの暴力も振るわれるように。教師に訴えても相手にされず絶望した小林さん親子は小学5年の9カ月間、自宅学習を選択した。中学でもいじめや教師の嫌がらせに遭(あ)い、再び不登校を選ぶ。

 倒れそうな自分を支えるつえとなったのが、幼稚園から始めた俳句だ。「嫌なことがあっても、好きな形に変え、自分を傷つけないものにして出す」のが魅力だという。

 登校時に上履き用のスリッパが両方ひっくり返っていたことがある。いじめの始まりかと落ち込んだとき、「空を見上げてごらん」と先生に励まされた。空には、スリッパと同じ水色が広がっていた。

 〈憂きことのあれば夏空仰ぎ見よ〉

 その時のことを詠んだ句だ。

続きを読む

「ライフ」のランキング