産経ニュース

【昭和天皇の87年】観察力と記憶力は抜群 “科学者天皇”の片鱗も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
観察力と記憶力は抜群 “科学者天皇”の片鱗も

画=豊嶋哲志 画=豊嶋哲志

(※1)例えば「あべこべ」を「あぼぼけぺべ」、「あたたかい」を「あたかい」などと発音した。

(※2)昭和天皇の4歳下の弟、高松宮は昭和19年7月8日付の日記に、「陛下(昭和天皇)の御性質上、組織が動いているときは邪なことがお嫌ひなれば筋を通すと云ふ潔癖は長所でいらつしやるが、組織がその本当の作用をしなくなつたときは、どうにもならぬ短所となつてしまふ。今後の難局には最もその短所が大きく害をなすと心配されるので、さうしたときの御心構へなり御処置につき今からお考へを正し準備をする要あり」「お上(昭和天皇)は筋を踏み外すことが全くおきらひなため、内大臣は政治向き、武官長は軍事、宮内大臣は宮中関係、侍従長には側近のことと云ふ風に全くそれから少しでも出たことを申し上げれば御気色悪く、自らも決して仰せにならぬ」と記している(原文はカタカナ)。

【参考・引用文献】

○宮内庁編『昭和天皇実録』2、3巻

○原敬文書研究会編『原敬関係文書 別巻』(日本放送出版協会)に所収の「迪宮殿下御心意状態」

○田中光顕監修、長野新聞編『聖上御盛徳録』(長野新聞)所収の石井国次謹話「御学事と御武勇」

○同『聖上御盛徳録』所収の松平直国謹話「御学友としての思ひ出」

○甘露寺受長著『背広の天皇』(東西文明社)

○高松宮宣仁親王記『高松宮日記』7巻(中央公論社)

関連ニュース

「ライフ」のランキング