産経ニュース

【びっくりサイエンス】国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

飛行試験を行う無人航空機「オオワシ1号」=2010年、北海道白老町(室蘭工業大提供) 飛行試験を行う無人航空機「オオワシ1号」=2010年、北海道白老町(室蘭工業大提供)

 近年急速に普及してきた無人航空機といえば、市販されたドローンから軍用にも耐え得る大型機まで幅広い。国際的な開発競争が激しさを増すなか、室蘭工業大(北海道)が完成を目指すのが、国内初の超音速無人航空機「オオワシ2号」だ。災害対応をはじめとした多様な応用先が見込まれ、2020年ごろの初飛行に向けて開発は大詰めを迎えている。

 オオワシ2号は最高速度がマッハ2(時速2千数百キロ)で、航続距離は100キロ。マッハ2といえば、冷戦時代に英仏共同で開発された超音速旅客機「コンコルド」に匹敵する。

 現在の日本で超音速飛行ができる航空機は航空自衛隊の戦闘機ぐらいだ。最高速度は「F15」がマッハ約2・5、「F2」はオオワシ2号とほぼ同じマッハ2程度とされている。

 オオワシ2号の機体は、軽くて丈夫な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製。全長6・3メートル、主翼部の最大幅2・4メートルで、燃料を含む重さは約350キロだ。現在は3分の1スケールの模型で空気抵抗などの試験を行っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

「ライフ」のランキング