産経ニュース

【ソロモンの頭巾】「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ソロモンの頭巾】
「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

地歴部で活躍する山陽女子高校の2、3年生。海ごみは研究や展示のために洗って保存している(長辻象平撮影) 地歴部で活躍する山陽女子高校の2、3年生。海ごみは研究や展示のために洗って保存している(長辻象平撮影)

マイクロプラも視野に

 海ごみの多くは、内陸部で発生しているにもかかわらず、上流域の人々は、その事実に気付きにくい。地歴部員は回収したごみの展示会を開くなどの理解活動を展開中だ。

 海底ごみは人の目に触れる機会がない。その可視化によって、上流と沿岸住民の意識の一体化を図ることが、問題の根本解決に不可欠と考えての活動だ。海洋の環境保全の大切さを伝える「海ごみカルタ」も作製している。

 これまでの活動から部員は、紫外線や波の力でポリ袋などの小片化が徐々に進んで漁網では回収できないマイクロプラスチックに変身し、魚たちの胃袋に入るという遷移の図式を実物で理解した。

 海の生態系への影響を抑えるには、マイクロプラスチック化させないことが肝要だ。「海に沈む前に」「川に流れ出る前に」「手元を離れる前に」と、段階を遡(さかのぼ)っての対応が重要になってくる。

漂着ごみが島を埋める

 漂着ごみは過疎と高齢化が進む瀬戸内の島々を脅かす。その実態も地歴部の活動を通して見えてきた。

 寄島町沖の先にある手島(香川県丸亀市)の北側海岸には本州からのペットボトルや洗剤容器などが層を成して堆積し、林の中まで散乱。高齢者が多い20人の島民の手だけでは対応不能な状態になっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

「ライフ」のランキング