産経ニュース

【ソロモンの頭巾】「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ソロモンの頭巾】
「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

地歴部で活躍する山陽女子高校の2、3年生。海ごみは研究や展示のために洗って保存している(長辻象平撮影) 地歴部で活躍する山陽女子高校の2、3年生。海ごみは研究や展示のために洗って保存している(長辻象平撮影)

 瀬戸内海の海ごみ問題に取り組む女子生徒たちがいる。山陽女子中学・高校(岡山市中区)地歴部のメンバーだ。先輩から後輩へと受け継がれた10年間の回収活動から、海ごみ問題の本質が見えてきた。新たな環境汚染として注目され始めたマイクロプラスチックのもとは海ごみなので、時代の先取りともいえる貴重なフィールド研究だ。

岡山の山陽女子が活躍

 地歴部の現部員は中高合わせて24人。海ごみの回収と分析は井上貴司教諭が部の顧問になった2008年から始まった活動だ。

 地歴部員は岡山県浅口市寄島町沖の瀬戸内海で調査を続けている。ここは県内3大河川の一つ、高梁川の河口に近い場所なのだ。

 海ごみは沿岸から海洋に投棄されたものと考えられがちだが、実は違う。

 「多くが陸域からの生活ごみなのです」と高校生部員の中原舞子さん、鵜沼真生さん、光石百花さん、木村萠々子さんが語る。

 自分たちの手と目で確認したことだ。

 寄島町沖の調査ポイントで回収した海ごみの多くは、高梁川の流れで瀬戸内海に運ばれてきた内陸起源のものだった。

 ちなみに、海ごみには(1)漂流ごみ(2)漂着ごみ(3)海底ごみ-の別がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「海ごみガールズ」 美しい瀬戸内海に知と力 長辻象平

「ライフ」のランキング