産経ニュース

【書評】神髄を読み解く 『藤田嗣治がわかれば絵画がわかる』布施英利著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
神髄を読み解く 『藤田嗣治がわかれば絵画がわかる』布施英利著

『藤田嗣治がわかれば絵画がわかる』布施英利著 『藤田嗣治がわかれば絵画がわかる』布施英利著

 没後50年の節目に東京で過去最大級の回顧展が開催中(京都に巡回予定)であるなど、注目度が高まっている画家、藤田嗣治(つぐはる)(レオナール・フジタ、1886~1968年)。絵画がわかるようになるかどうかは別にして、本書を読めば、フジタが「絵画=フィクションの世界」を体現した“本物の”芸術家だったと理解できる。

 若き日のパリ郊外の風景画、乳白色の裸婦、中南米や秋田の風俗を描いた大壁画、戦争画、子供たち、晩年の宗教画…。一貫性がないように思えるフジタの絵画の神髄を、「鏡」「線」「色彩」という3つの視点で読み解く。(NHK出版新書・1000円+税)

「ライフ」のランキング