産経ニュース

【編集局から】「備え」意識させられた夏

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集局から】
「備え」意識させられた夏

 第17回日本スカウトジャンボリーの会場を訪れ、ボーイスカウトと交流される皇太子さま=7日午後、石川県珠洲市  第17回日本スカウトジャンボリーの会場を訪れ、ボーイスカウトと交流される皇太子さま=7日午後、石川県珠洲市

 締め切り前ともなると、編集長席には大量の原稿が流れてきますが、先日、一つのニュースに手が止まりました。 石川県で開かれた4年に1度のボーイスカウトのキャンプ大会「日本スカウトジャンボリー」に、皇太子さまがご臨席されたとの記事でした。この原稿で自分がボーイスカウトだったころを思い出しました。小学3年から約10年参加し、40年前の富士山麓での大会を見学に行きました。

 ボーイスカウトのモットーは「そなえよつねに」。キャンプでは晴天でもテントの周囲に雨水を流す側溝を掘るなど、備えるには想像力が必要なことを学んだ気がします。

 この夏ほど「備え」を意識させられたことはありません。猛暑、豪雨、台風…。2年後の東京五輪に向けては現在、暑さや渋滞へのさまざまな対策案が議論されています。備えることは難しいことですが、想定外を想定内に変える発想と工夫が求められています。(編集長 今城敬之)

このニュースの写真

  • 「備え」意識させられた夏

「ライフ」のランキング