産経ニュース

【藤本欣也の中国探訪】ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【藤本欣也の中国探訪】
ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも

ノモンハンの戦場に赴く日本兵たち(新バルグ左旗の展示資料より) ノモンハンの戦場に赴く日本兵たち(新バルグ左旗の展示資料より)

 中国とモンゴル国境付近に、かつて日本軍とソ連軍が激戦を交わしたノモンハンがある。現在は牛や馬が放牧された草原が広がっているにすぎない。戦闘発生から80年目の夏、中国人観光客でにぎわう内モンゴル自治区の戦場跡を訪ねた。

□ □

 日本でノモンハン事件と呼ばれる戦闘は、1939(昭和14)年の5月から9月まで続いた。日本軍・満州国(当時)軍と、ソ連(同)軍・モンゴル人民共和国(同)軍が参戦、モンゴルでは「ハルハ川戦争」、中国では「ノモンハン戦争」と呼ばれている。

 発端は満州国とモンゴル人民共和国の国境をめぐる対立で、それぞれの国を後押しする日本とソ連が介入し本格的な武力衝突に発展した。

 戦場は現在のモンゴルと中国にまたがっていて、激戦が繰り広げられたハルハ河畔はモンゴル領内にある。中国側の戦場跡は草原が広がるばかりだった。

 内モンゴル自治区のハイラルから車で3時間余り、二百数十キロ離れた草原の真っただ中に「ノモンハン戦役遺跡陳列館」がある。

 現在、陳列館は改装工事中で、土産物店しか開業していない。訪れたのは7月下旬の平日だったが、100人近くの中国人観光客が押し寄せていた。周辺の草原には戦車や軍用機が無造作に展示されているだけ。観光客たちは中国国旗が掲げられた戦車によじ登ったり、砲身にまたがったりして写真を撮っていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも
  • ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも
  • ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも
  • ノモンハン事件80年目の夏 かつての戦場は…“日本軍大敗”史観の宣伝いまも

「ライフ」のランキング