産経ニュース

【昭和天皇の87年】幼少期から抜群だった記憶力 弟思いの性格も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
幼少期から抜群だった記憶力 弟思いの性格も

画=井田智康 画=井田智康

昇陽の日々(1)

 日露戦争が終わって間もない明治38年9月26日、裕仁親王と雍仁(やすひと)親王の養育責任者だった東宮侍従長の木戸孝正が、体調不良を理由に養育の務めを辞した。

 代わって大任を託されたのは、嘉仁皇太子(のちの大正天皇)の信任があつい東宮侍従、丸尾錦作である。

 丸尾は皇太子の学習院初等科時代の担任で、教育は「厳しいのがいちばん」が口癖だった。

 先の大戦前に侍従次長を務めた甘露寺受長(おさなが)が、こんなエピソードを書き残している。

 --ある日のこと、裕仁親王は庭での遊びに夢中になり、帰りの時間が遅れてしまった。すると丸尾は、「時間をお忘れになるとは何事です。うちへお入れしません」と叱りつけ、玄関に立ちふさがってどうしても通さなかった--。

 のちに裕仁親王は、人と会うときなど「1分も早くなく、1分も遅くなく」を自らに律するが、それは丸尾の影響もあったと甘露寺は書く。

 丸尾が皇孫御養育掛長に就任した翌月、裕仁親王の生活環境を変える、もう一つのことがあった。

 遊びの「御相手」ができたのだ。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング