産経ニュース

村上春樹さん、初DJ 「文章の書き方は音楽から学んだ」 ファンも歓喜「『村上ラヂオ』が現実に」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


村上春樹さん、初DJ 「文章の書き方は音楽から学んだ」 ファンも歓喜「『村上ラヂオ』が現実に」

作家の村上春樹さんがDJを務めるラジオ番組を聴くため、ブックカフェ「6次元」に集まったファンら=5日、東京都杉並区 作家の村上春樹さんがDJを務めるラジオ番組を聴くため、ブックカフェ「6次元」に集まったファンら=5日、東京都杉並区

 作家の村上春樹さん(69)が初めてディスクジョッキー(DJ)を務めたラジオ番組「村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS」が5日、TOKYO FMなど全国38局で放送された。村上さん自身が放送メディアに露出するのは極めて珍しく、ラジオ出演も初めてだという。

 小説やエッセーで自身が愛好する音楽について触れてきた村上さん。同番組でも音楽や趣味のランニングなどについて語った。「(文章の書き方は)誰かの小説から技法を学んだというより、リズムなど音楽から学んだ」など、自身の文章についても言及した。

 同日午後7時から同55分の放送に合わせ、多くのファンが東京都杉並区のブックカフェ「6次元」に集合。千葉市の会社員、新垣菜摘さん(35)は「エッセーのタイトルにもなった『村上ラヂオ』が現実になりうれしい。1回だけでなく2回、3回と続けてほしい」と喜んだ。

このニュースの写真

  • 村上春樹さん、初DJ 「文章の書き方は音楽から学んだ」 ファンも歓喜「『村上ラヂオ』が現実に」

「ライフ」のランキング