産経ニュース

「拉致解決へ願い伝え、広げる」 政府イベントでボランティアの中学生 加藤勝信拉致問題担当相と意見交換

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「拉致解決へ願い伝え、広げる」 政府イベントでボランティアの中学生 加藤勝信拉致問題担当相と意見交換

北朝鮮による拉致問題解決や啓発について意見交換する加藤勝信拉致問題担当相(左)と東京都立川市立立川第七中学校の生徒=2日午後、内閣府 北朝鮮による拉致問題解決や啓発について意見交換する加藤勝信拉致問題担当相(左)と東京都立川市立立川第七中学校の生徒=2日午後、内閣府

 北朝鮮による拉致被害者の早期帰国について子供たちに関心を深めてもらおうと、政府の拉致問題対策本部が開いた啓発イベントで、最終日の2日、企画・運営にボランティアで加わった東京都立川市の市立立川第七中の生徒が加藤勝信拉致問題担当相と意見交換した。問題の風化が懸念される中、生徒らは「解決を願うだけでなく、被害者帰国への願いを多くの子供に伝え、広げていくことが重要」などと、それぞれの考えを語った。

 「『拉致問題は難しい』と子供に教えるのを後回しにしている。日本人一人一人が問題を知り、考えることが必要だと思います」。同校2年の滝田夢愛(ゆあ)さん(13)はこう訴えた。

 イベントは夏休みの親子連れを対象に開催。北朝鮮の被害者へ放送するラジオのメッセージや合奏の収録など、子供たちがなじみやすい体験型のコーナーを準備した。生徒らは各コーナーを運営し、タブレットで拉致の経緯を学べるクイズアプリの設問も考えた。

 生徒らが問題を深く知る背景には同校の取り組みがある。これまで横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の両親、滋さん(85)と早紀江さん(82)や、帰国した拉致被害者の蓮池(はすいけ)薫さん(60)の講演を開催。授業で解決方法を議論し、作文を新聞に投稿している。

続きを読む

「ライフ」のランキング