産経ニュース

柏崎原発再稼働「理解を」 東電社長が新潟知事訪問

ライフ ライフ

記事詳細

更新


柏崎原発再稼働「理解を」 東電社長が新潟知事訪問

東京電力の小早川智明社長との会談後、取材に応じる新潟県の花角英世知事=2日午前、新潟県庁 東京電力の小早川智明社長との会談後、取材に応じる新潟県の花角英世知事=2日午前、新潟県庁

 東京電力の小早川智明社長は2日、柏崎刈羽原発が立地する新潟県を訪問し、6月の知事選で初当選した花角英世知事と初めて会談。同原発の再稼働に関し「安全最優先で行い、県民の理解を得るのが重要と考える」と述べ、地元の協力を求めた。

 東電が経営再建の柱に据える同原発6、7号機は既に原子力規制委員会の審査に合格。再稼働への地元同意に注目が集まっている。 この日の会談で、花角知事は「県独自の三つの原発の安全性検証をしっかり進めていく」と述べ、その結果を踏まえ再稼働の是非を判断するとの考えを伝えた。検証終了には今後2、3年かかるとの見通しで、その後の判断については出直し知事選で県民の信を問うことも選択肢の一つにしている。 一方、各電力会社が原発事故を想定して実施した対応訓練で東電の情報共有などに問題があり、規制委から低い評価をされた点に関し、花角知事は「非常に残念な評価で、社長が強い意志を持って改善してほしい」と求めた。

 小早川社長は2日午後には、原発が立地する柏崎市の桜井雅浩市長や刈羽村の品田宏夫村長と面会する予定。

このニュースの写真

  • 柏崎原発再稼働「理解を」 東電社長が新潟知事訪問
  • 柏崎原発再稼働「理解を」 東電社長が新潟知事訪問

「ライフ」のランキング