産経ニュース

【日本高校ダンス部選手権】近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本高校ダンス部選手権】
近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ

近畿・中国・四国地区大会 Aブロック・ビッグクラス、全国大会進出を決めた大阪府立久米田高等学校(大阪府)の演技=1日、神戸市中央区の神戸文化ホール(永田直也撮影) 近畿・中国・四国地区大会 Aブロック・ビッグクラス、全国大会進出を決めた大阪府立久米田高等学校(大阪府)の演技=1日、神戸市中央区の神戸文化ホール(永田直也撮影)

 神戸市中央区の神戸文化ホールで1日から始まった「第11回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」の近畿・中国・四国地区大会。大阪府勢は、13人以上のビッグクラスでいずれも府立の登美丘、箕面、渋谷、久米田、泉陽が独占。2~12人のスモールクラスでは大阪、府立摂津、府立久米田、府立渋谷、府立箕面の5校が全国大会出場を決めた。

 昨年の全国大会ビッグクラスで優秀賞を獲得した久米田は、女帝をイメージした優美なダンスを披露。宝石をちりばめた赤いドレスの衣装で、息の合った動きを展開し、高貴な女性の喜怒哀楽を一糸乱れぬ踊りと表情で表現し、4年連続の全国大会出場を決めた。

 部長の多田南美(おおたみなみ)さん(17)は「応援してくれるみんなへの愛と感謝を込めたいつも通りの踊りができた」と満足そうな表情を浮かべた。全国大会に向けては「一つ一つの動きをもっと追求してレベルを上げた100%以上のテクニックやフォーメーションで臨み、優勝したい」と意気込んだ。

 昨年の全国大会でバブリーダンスを披露して全国の話題を集めた登美丘は「天から舞い降りた色男たち」をテーマに、よりどりみどりの“男の雨”が降ってくる喜びをディスコ調のポップなダンスで表現した。タンクトップにレインコートをはおった衣装で男のハーレムに浸る感激を雨傘などを使ったパフォーマンスを展開し、会場をわかせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ
  • 近畿・中国・四国地区大会 昨年話題の登美丘は「色男」で勝負…久米田は「女帝」をイメージ

「ライフ」のランキング