産経ニュース

「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

就位式に出席した高見泰地叡王(田中夕介撮影) 就位式に出席した高見泰地叡王(田中夕介撮影)

師匠爆発

 乾杯の発声は、師匠の石田九段。「皆さま、もうのどが渇いちゃって、一杯やりたいなーってことなんで、挨拶は短めにいたします」と始めたものの、ここからが長かった。

 「高見君は、(自分のところに)来たのは小学校5年でしたかね。もう20年たちますか? 20年ってことはないわなー」…さらに続く。

 「何だかんだで長くなっちゃってごめんなさい。わが一門も、おかげさまで高見君のほかにも(棋士たちが)活躍しだしたんで、どんどん伸びていってもらいたいんだな。でも、これ、石田一門のパーティーじゃないから、すいません。それでは、乾…」。

 まだ、終わらなかった。

 「肝心なことを忘れていた。(叡王戦主催の)ドワンゴさん、どうもありがとうございます」と言うや、同社の山中取締役のもとに駆け寄って握手。「こんなありがたい人にお礼を言わないとね」。勢い余って山中取締役の隣に座っていた佐藤会長の肩を何度もたたき、「ごくろうさん」。佐藤会長は苦笑いだ。

 さらに山中取締役を「山中伸弥(しんや)さん」と呼んで「いや、伸一さん」と言い直すひと幕も。「伸弥」は、ノーベル賞受賞者の名前だ。「偉い人の名前は似ています」と巧妙な一手で逃げてから、ようやく「ということで、乾杯をさせていただきたいと思います」。

 この間、約4分。爆笑の乾杯で始まった祝賀パーティー。最後まで笑いは絶えなかった。(文化部 田中夕介)

続きを読む

このニュースの写真

  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

「ライフ」のランキング