産経ニュース

「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

就位式に出席した高見泰地叡王(田中夕介撮影) 就位式に出席した高見泰地叡王(田中夕介撮影)

 タイトル戦に昇格した将棋の第3期叡王(えいおう)戦決勝七番勝負を制した高見泰地(たかみ・たいち)叡王(24)の叡王就位式・祝賀パーティーが7月13日夜、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれ、女性ファンら約200人が参加した。高見叡王が巧みな話術で謝辞を述べれば、師匠の石田和雄九段(71)は一門初のタイトルホルダーに喜びを爆発させ、“一人漫才”。会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

幻のマンション贈呈

 午後6時、就位式はおごそかな雰囲気で始まった。叡王戦を主催するIT企業、ドワンゴの取締役、山中伸一氏に続き、日本将棋連盟の佐藤康光(やすみつ)会長(48)が主催者挨拶を行った。

 佐藤会長は「高見泰地叡王、おめでとうございます。予選、本戦を勝ち抜いて決勝七番勝負に進んだのは高見泰地六段と金井恒太(かない・こうた)六段。非常にフレッシュな若手の激突になりました。新しいタイトル戦ということで若手が出てくることを願っていました。といいながら、私も本戦に残っていたわけですが」と語り、会場は爆笑に包まれた。

 その後、協賛社から記念品が贈呈された。この中で、司会者が「(マンション販売の)タカラレーベンからはマンションを」と言った瞬間、高見叡王は顔を上げ、会場もどよめいたが、「…というわけにはいきませんので、ホテルの宿泊券を」と続き、高見叡王の顔にも残念そうな笑みが浮かんだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 
  • 「“高み”を目指す」将棋の高見泰地叡王 笑顔づくしの就位式 

「ライフ」のランキング