産経ニュース

【書評】小説家・秋山香乃が読む『天地に燦たり』川越宗一著 誰も描いたことのない物語

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
小説家・秋山香乃が読む『天地に燦たり』川越宗一著 誰も描いたことのない物語

『天地に燦たり』川越宗一著 『天地に燦たり』川越宗一著

 この夏、すごい才能の作家が誕生した。第25回松本清張賞を受賞した川越宗一氏だ。世に面白い物語はごまんとあるが、己の生き方を変えてみたいとまで思わせる本との出会いは多くない。受賞作で、デビュー作の本書は、そういう稀有(けう)な力を秘めた大作だ。

 物語は、別々の国に生まれた3人の男たちを軸に進んでいく。1人目は倭国島津家の重臣、樺山久高(ひさたか)。2人目は朝鮮国の被差別民「白丁」に生まれた明鍾(めいしょう)。3人目は「守礼之邦(くに)」琉球国の密偵、真市(まいち)。島津軍と大友軍の攻防から、秀吉の朝鮮出兵を経て、島津の琉球侵攻までが、日本・朝鮮・琉球を舞台に描かれる。

 時は戦国。「誰かに喰(く)われるまで誰かを喰い続ける」ことでしか生きられぬ地獄が出現した時代。男たちはそれぞれ、侵略する者、される者に立場が分かれながら、人が人たり得ることを希求し、儒学の「礼」に希望を見いだす。

 戦と礼、このあまりに異質な組み合わせは、書かれ尽くされた戦国の世にもかかわらず、誰も描いたことのない鮮烈だが深みのある物語へと読み手を誘う。

 「食(は)み合い、争い合い、奪い合う」世にあって、「生きるからには最後まで生をつく」し、禽獣(きんじゅう)ではなく人として、覇ではなく王に仕えることが、果たしてできるのか。王とは何か、どこに存在するのか。そもそも人とは何なのか。人が往(ゆ)ける先には何があるのか。この全ての問いに、作者は3人の生き方で丁寧に答えていく。

続きを読む

「ライフ」のランキング