産経ニュース

【マンスリー将棋】第90期1次予選 豊島将之棋聖の挑戦者は

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マンスリー将棋】
第90期1次予選 豊島将之棋聖の挑戦者は

第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で羽生善治棋聖を破った豊島将之新棋聖。念願の初戴冠となった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影) 第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で羽生善治棋聖を破った豊島将之新棋聖。念願の初戴冠となった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影)

 第89期ヒューリック杯棋聖戦は、豊島将之新棋聖(28)が羽生善治前棋聖(47)=竜王=を破り、念願の初タイトルを獲得し、幕を閉じた。一方で、豊島新棋聖への挑戦者を決める第90期の1次予選も既に始まっている。

 挑戦者への道のりは原則として、1次予選、2次予選、16人で争う決勝トーナメントを勝ち抜かなければならない。1次予選は順位戦C級1組、2組の棋士、2人の選抜された女流棋士ら109人がトーナメントを戦い、そのうち2次予選に進めるのはわずか8人だ。

 第87期(平成28年)の挑戦者、永瀬拓矢七段(25)=当時六段=は1次予選から10連勝して挑戦者の切符をつかんだ。第88期の斎藤慎太郎七段(25)と第89期の豊島棋聖はいずれも2次予選から出場し、決勝トーナメントを制した。

 今期1次予選の注目は、最年少記録を次々と塗り替えている藤井聡太七段(16)対里見香奈女流四冠(26)=女流王座・女流名人・女流王将・倉敷藤花=戦。8月下旬にも対局が実現しそうだ。

 このほか、藤井七段の連勝記録をストップさせた佐々木勇気六段(23)、藤井七段と同時期にデビューし、好成績を挙げている大橋貴洸四段(25)、八代弥六段(24)、青嶋未来五段(23)、黒沢怜生五段(26)ら若手が順調に勝ち進んでいる。

 棋聖戦の挑戦者は直近7期のうち6期が20代。今期も若手の快進撃があるのか、期待が高まっている。(田中夕介)

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

「ライフ」のランキング