産経ニュース

栃木・矢板の高校生考案「やいた黒カレー」(仮) 試作品完成 特産リンゴ使用

ライフ ライフ

記事詳細

更新


栃木・矢板の高校生考案「やいた黒カレー」(仮) 試作品完成 特産リンゴ使用

レシピを開発したカレーの試作品を味わう矢板高校の生徒=矢板市本町 レシピを開発したカレーの試作品を味わう矢板高校の生徒=矢板市本町

 栃木県矢板市が県内一の生産量を誇る特産のリンゴを使った「あっぷるカレー」第2弾「やいた黒カレー」(仮称)の試作品ができ上がった。同市の市制施行60周年を記念し、同市商工会が矢板高校(矢板市片俣)に依頼、栄養食物科の生徒がレシピを開発、試食会も開かれた。

 「あっぷるカレー」は同商工会の依頼で平成20年に同校の生徒が開発し、レトルトカレーとして商品化され、「やいたブランド」にもなっている。同商工会では今年11月の市制施行60年を記念し、新カレー作りを計画。昨年12月に同校栄養食物科に依頼。同科3年の生徒8人を中心に試行錯誤しながらレシピを完成させた。前回開発した「あっぷるカレー」は甘みが強かったが、今回のテーマはスパイシーな大人のカレー。

 レシピは、タレントで野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師でもあるスパイシー丸山さん(43)の講習会を受け、塩谷町出身で矢板東高校の卒業生でもあるパフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のギュウゾウさん(53)が監修した。

続きを読む

「ライフ」のランキング