産経ニュース

【話の肖像画】原子力規制委員会前委員長・田中俊一(3)現場に駆けつけたJCO臨界事故

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
原子力規制委員会前委員長・田中俊一(3)現場に駆けつけたJCO臨界事故

東海村臨界事故で沈殿槽周りの冷却水を抜き取る準備を行うJCO職員ら=平成11年10月1日、茨城県東海村(科学技術庁提供) 東海村臨界事故で沈殿槽周りの冷却水を抜き取る準備を行うJCO職員ら=平成11年10月1日、茨城県東海村(科学技術庁提供)

 〈ここで、時計の針を「3・11」以前に戻したい。平成11年9月、2人が死亡した茨城県東海村JCO臨界事故では、現地で事故収束に当たった〉

 当時は日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)東海研究所の副所長でした。9月30日の昼過ぎ、科学技術庁から一報がありました。よその事業所の事故でしたが、東海研究所の緊急防護態勢を取ろうと対策本部を立ち上げ、最終的にそこが政府の現地対策本部になりました。

 〈夕方になってようやく現場の情報が対策本部に集まり、臨界事故を起こしている沈殿槽周りの冷却水を抜けば、臨界を止められると判明する〉

 対策本部にいても仕方ないと、同僚と3人で午後11時ごろ、JCO事業所に行き、沈殿槽の冷却水を抜く可能性を探りました。冷却配管には3つバルブが付いており、3つとも開けっ放しだったのが幸運でした。作業現場は時間当たり数シーベルトの線量がありましたが、JCO職員と協力し、数分交代で作業を続けました。午前6時前に水が抜け、中性子の値がゼロになったのを見て、涙が出たのを覚えています。

続きを読む

「ライフ」のランキング