産経ニュース

【話の肖像画】原子力規制委員会前委員長・田中俊一(1)原発事故から4日後の「ご進講」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
原子力規制委員会前委員長・田中俊一(1)原発事故から4日後の「ご進講」

原子力規制委員会前委員長・田中俊一氏(鵜野光博撮影) 原子力規制委員会前委員長・田中俊一氏(鵜野光博撮影)

 〈昨年9月、5年間務めた原子力規制委員会の初代委員長を退任した。その後、福島県飯舘(いいたて)村に山荘を構え、月の半分をそこで過ごしている。今年1月には同村の復興アドバイザーを委嘱された〉

 5月下旬、飯舘中学校で東大名誉教授の早野龍五先生に来てもらい、天体の授業をやりました。月までの距離を計算したり、生徒が自然現象に興味を持って、「何でこうなんだろう」と考えさせる授業です。企画や準備は全部自分でやっているから、皆さんが思うよりずっと忙しいんですよ。助手も誰もいないから。規制委員長のほうが暇でしたよ(笑)。言えば有能な職員がみんなやってくれますから。

 〈規制委発足のきっかけは、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故。平成23年3月11日のその時は、茨城県ひたちなか市の自宅で迎えた〉

 揺れましたよ。震度6だもの。原発が大丈夫かと考えるところまでいかなくて、わが家が大丈夫かという状態。本は全部ひっくり返り、水は止まるし、電気も止まって何も見えない。情報が全くなかった。そうしたら、14日朝に日本学術会議の金沢一郎会長から電話がかかってきて、天皇陛下にご進講するようにとの依頼がありました。原発事故の説明ができて、かつ事故対応で忙しい原子力委員会の委員長などの現役ではない者を希望されていて、21年12月に原子力委員長代理をやめていた私に、ということだったようです。しかし、14日に電気は通ったものの、資料をそろえようもない。翌日の15日に来いといわれ、電車も止まっていて、もう大変でした。

続きを読む

「ライフ」のランキング