産経ニュース

【万象】画像化で探る 星の死に際を再現

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【万象】
画像化で探る 星の死に際を再現

超新星爆発の模擬解析(理化学研究所提供) 超新星爆発の模擬解析(理化学研究所提供)

 太陽の8倍を超す質量の星は終末期、超新星爆発を起こすことがある。中心にある直径約1000キロの鉄の核が一瞬でつぶれ、硬く小さな中性子星が誕生。ここに落ちていく物質がはね返される際、高温の衝撃波が生じ星を吹き飛ばすと考えられてきたが、詳しい仕組みは謎だった。

 画像は爆発が始まる様子の模擬解析で、暖色部分が爆発的に膨張し温度が高い部分だ。この再現で、衝撃波は中性子星が放つ素粒子ニュートリノに熱せられてエネルギーを獲得し、星を吹き飛ばすことが判明。飛び散った元素は星や銀河のもとになることから、物質の起源の解明にもつながる大きな成果となった。(壽)

「ライフ」のランキング