産経ニュース

【特派員発】安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【特派員発】
安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈

 2002年に世界初の安楽死法を制定したオランダが、「死なせてよい生命」の範囲をめぐって揺れている。安楽死の広がりで、認知症や精神障害者、「人生はもう無意味」と訴える高齢者まで死の権利を主張するようになり、国内で「行き過ぎ」という懸念も高まる。論議の最前線を追った。

ある認知症患者の死

 「世界が毎日縮んでいく。本当は一人息子(17)の成長を見ていたかった」

 遺書に苦悩がにじみ出る。5月、62歳のヤンヘンク・リーテマさんが安楽死の前日に書き残した。アルツハイマー病と診断されてから2年半。認知症が進む苦痛に耐えられず、医師に致死薬処方を頼んだ。

 遺書を受け取った姉のイナ・ハイマリーテマさん(70)は今年1月、弟から死の決断を告げられた。「『よだれを垂らし、他人頼みで生きるのは耐えられない』と言った。闘病の苦しみを見てきたから、反対なんてできなかった」と回想する。ヤンヘンクさんの写真を見せてもらうと、眼鏡の奥のまっすぐな瞳が印象的だった。生真面目な性格がうかがえた。

 病の兆候は57歳で表れた。物忘れがひどくなり、運転中、突然ハンドル制御ができなくなった。2年後に退職。外出先から帰宅できなくなり、水道を閉め忘れたこともあった。肉体的には年相応に元気だった。耐え難かったのは、「いつか完全に自己認識できなくなる」という絶望感だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈
  • 安楽死どこまで 認知症・老いの孤独…広がる「死の権利」要求 オランダ・三井美奈

「ライフ」のランキング