産経ニュース

【谷山雄二朗のばかモン英語塾】(44) 「移民を移民と呼ばないセコい国」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【谷山雄二朗のばかモン英語塾】
(44) 「移民を移民と呼ばないセコい国」

谷山雄二朗氏 谷山雄二朗氏

 最近行った大浴場には露天風呂があった。中国人らしき三人組がいたので、”Konnichiwa! Are you Japanese?” と声をかけると「ぼくたち中国人です」と流暢な日本語がかえってきた。福建省出身の料理人で日本在住15年だという。「中国には人前で股間を隠す風習はないんじゃないの?」と聞くと、頷きながらも彼らは股間をタオルで隠している。「日本の恥じらいの文化を真似るなんて、偉いねえ」と目を細めると、30代半ば風の彼らは言葉に窮したのか無言で応じた。ちなみに私の方は、通常通りフリチンだったが。

 Dickは、おチンチンを指す。これがCrotchになると「股間」で若干上品な響きになる。このクソ野郎!も、”You dick!”と言う。にもかかわらず、田中角栄元首相は、1970年代前半、当時アメリカ大統領だったニクソンをDickと呼んだ。なぜか英語圏では、Richardの愛称が突然 Dickになってしまうからたまらない。自慢だが、私はかつて北海道から九州まで「日本列島秘宝館横断の旅」をしたことがある。群馬にある珍宝館の美しすぎる館長「清水珍子」氏をふと思い出した。

続きを読む

「ライフ」のランキング