産経ニュース

【万象】画像化で探る 豪雨の奇襲を防げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【万象】
画像化で探る 豪雨の奇襲を防げ

2014年に神戸市を襲ったゲリラ豪雨の模擬解析(理化学研究所提供) 2014年に神戸市を襲ったゲリラ豪雨の模擬解析(理化学研究所提供)

 ゲリラ豪雨は、不安定な大気で突発的に生じた積乱雲がわずか数分で急激に発達し、局地的に大雨を降らせる厄介な現象だ。現行の天気予報は空間を2キロの格子に区切り、1時間ごとに観測データを取り込んで解析しているため、空間的にも時間的にも粗く予測が間に合わない。

 近年は、100メートルの格子で30秒ごとにデータを更新する高精度で素早い解析の研究が進んでいる。画像は2014年に神戸市を襲ったゲリラ豪雨の模擬解析。赤は強い雨、青は弱い雨で、実際の観測記録とほぼ一致していた。20年の実証実験開始を目指しており、東京五輪への「ゲリラの奇襲」を防げるかもしれない。(壽)

「ライフ」のランキング