産経ニュース

【平成の証言】「軍団がおれにヘルメットをかぶせて殴ったんじゃないか」(6年5月~10月)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【平成の証言】
「軍団がおれにヘルメットをかぶせて殴ったんじゃないか」(6年5月~10月)

バイク事故によるけがで入院後、記者会見するビートたけしさん=平成6年9月27日、東京都新宿区 バイク事故によるけがで入院後、記者会見するビートたけしさん=平成6年9月27日、東京都新宿区

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成6年5月

 「私は南京事件というのは、でっち上げだと思う。私はあの直後に南京に行っている」(永野茂門法相)

 法相就任後のインタビューが5日の毎日新聞に掲載。これに中国の江沢民主席が不快感を示し、中国外務省は「真剣で厳粛な対応」を日本政府に求めた。永野氏は発言を撤回したが、羽田孜首相による事実上の更迭で8日辞任。在任わずか11日だった。

 戦争責任をめぐる発言で閣僚が更迭、辞任に至ったのは当時で3人目。本紙は「過去の実証的な検証がいっそう困難になる」と懸念を表明した。

6年6月

 「家族3人がのどなどの痛みを訴え、苦しんでいる」(長野県松本市の河野義行さん)

続きを読む

このニュースの写真

  • 「軍団がおれにヘルメットをかぶせて殴ったんじゃないか」(6年5月~10月)

「ライフ」のランキング