産経ニュース

来年のベネチア・ビエンナーレ 日本館の出品作家に下道基行さんら4人

ライフ ライフ

記事詳細

更新


来年のベネチア・ビエンナーレ 日本館の出品作家に下道基行さんら4人

 国際交流基金は、来年5月から半年余りの間、イタリアのベネチアで開かれる第58回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館の出品作家を、美術家の下道(したみち)基行さん(39)ら4人に決めたと発表した。作曲家の安野太郎さん(39)、人類学者で秋田公立美術大准教授の石倉敏明さん(43)、建築家で東京電機大准教授の能作文徳さん(36)とともに展示を行う。全体をまとめるキュレーターを、秋田公立美術大大学院准教授の服部浩之さん(39)が務める。

 展示テーマは「Cosmo(コスモ)-Eggs(エッグス)/宇宙の卵」。下道さんが近年、沖縄の八重山諸島など各地で調査と撮影を続けている「津波石」(大津波で海底から陸上に運ばれた巨石)を展示の軸に据え、自然の力と人間の存在について探る。

「ライフ」のランキング