産経ニュース

関東甲信で大雨の恐れ 気象庁が注意喚起

ライフ ライフ

記事詳細

更新


関東甲信で大雨の恐れ 気象庁が注意喚起

 関東甲信では大気の状態が不安定になり、12日未明にかけて雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は11日、土砂災害や雷、竜巻などの突風、ひょうに注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、上空5500メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込み、南からは暖かく湿った空気が流れ込んでいる。局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る地域もありそうだ。

 12日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で茨城、栃木、群馬、山梨、長野各県100ミリ、島嶼(とうしょ)部を除く東京都と埼玉、千葉、神奈川各県が60ミリ。低い土地の浸水や河川の増水・氾濫にも注意が必要になる。

「ライフ」のランキング