産経ニュース

【書評】読みやすくなった『絵本 BOOKEND 2018』絵本学会機関誌編集委員会編

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
読みやすくなった『絵本 BOOKEND 2018』絵本学会機関誌編集委員会編

『絵本 BOOKEND 2018』 『絵本 BOOKEND 2018』

 絵本学会が毎年刊行している機関誌の最新版。学会設立20周年の昨年から一般読者向けに体裁や内容を一新し、読みやすくなった。

 特集「絵本の教科書」では、〈日本の絵本の歴史 絵巻からヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』までの作品に学ぶ〉など、専門家が絵本の基本を解説。「作家の証言」には92歳の絵本作家、安野光雅さんが登場し、自らの作品などについて語っている。

 会員らのモニターが選ぶ「次世代に伝えたい絵本2017」では書店、図書館、保育所などの領域別と、分野別で選ばれた本が紹介され、絵本選びの参考になりそうだ。(絵本学会・1200円+税)

「ライフ」のランキング