産経ニュース

【昭和天皇の87年】壮絶!二〇三高地争奪戦 山頂は両軍将兵の鮮血で染まった 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
壮絶!二〇三高地争奪戦 山頂は両軍将兵の鮮血で染まった 

画=井田智康 画=井田智康

旅順攻囲戦(5)

 明治37(1904)年の晩秋、世界の耳目は極東の半島先端、旅順のロシア要塞に集まった。この要塞への第1回総攻撃で空前の死傷者を出し、第2回総攻撃でも散々な結果に終わった乃木希典(まれすけ)率いる第3軍が、これを最後と第3回総攻撃に踏み切ったのだ。

 ときに11月26日午後1時、第1、第9、第11師団の日本軍将兵が要塞東北正面の永久3堡塁(ほうるい)に突撃を開始。日露両軍入り乱れての銃声、砲声が地に響き、天を裂いた。

 第3軍が三度(みたび)失敗すれば、それまで日本軍に有利に進んでいた全体の戦局が一変しかねない。乃木とその幕僚も、ここが天王山だと十分に理解していた。一方、ロシア側も日本の総攻撃を見越して要塞の補強工事に努めており、万全の迎撃態勢だ。要塞周辺は、みるみる日本軍将兵の死体で埋まっていった。

 同日夜、乃木は総勢3100人余の志願兵からなる決死の白襷(しろだすき)隊を投入。起死回生の夜襲を仕掛ける。だが、味方識別のための白襷が却って敵の標的となり、同隊は要塞前でなぎ倒された。

 最後の総攻撃も失敗に終わるかとみられた翌27日、乃木は決断した。主要攻撃目標を、旅順港を見下ろす二◯三高地に切り替えたのだ。この日、乃木は日記に、1行だけ書いた。

 「二◯三攻撃ヲ第一師団ニ命ズ」

× × ×

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング