産経ニュース

1日の栃木・那須「道の駅東山道伊王野」利用者に注意喚起 はしか2次感染の可能性

ライフ ライフ

記事詳細

更新


1日の栃木・那須「道の駅東山道伊王野」利用者に注意喚起 はしか2次感染の可能性

 栃木県は6日、はしかを発症した福島県の40代男性が、栃木県那須町伊王野の「道の駅東山道伊王野」を利用し、不特定多数と接触した可能性があると福島県側から情報提供があったことを明らかにした。栃木県は、同施設を利用し、発熱などはしかを疑う症状が表れた場合は医療機関に事前連絡の上、受診するよう呼びかけている。

 はしかを発症した男性は今月1日午後1時~2時半ごろ、同施設を利用した。はしかウイルスの空気中での生存期間は2時間以下とされており、現時点で同施設を利用しても感染することはない。仮に、はしか患者と接触した場合、潜伏期間を考慮して最大21日間の健康観察が必要という。

「ライフ」のランキング