産経ニュース

【世界文化賞 受賞者のことばから】第8回(平成8年)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界文化賞 受賞者のことばから】
第8回(平成8年)

絵画部門受賞者 サイ・トゥオンブリー氏(米国)=イタリア・ローマ(佐藤一典撮影)  絵画部門受賞者 サイ・トゥオンブリー氏(米国)=イタリア・ローマ(佐藤一典撮影) 

 「ギリシャ、ローマの古典は、私に創作のエネルギーを与えてくれるスプリングボード(飛び板)です」

 ◯絵画部門 サイ・トゥオンブリー

 (1928~2011年、即興的な線、詩的な叙情性で魅了する米国の画家)地中海文化を愛する巨匠らしく、ローマの街を散歩しながら。

                   ◇

 「自分は直感的、衝動的な人間で、ただ作ることに夢中なだけ」

 ◯彫刻部門 セザール

 (1921~98年、自動車をプレス機で圧縮した作品などで知られるフランスの彫刻家)パリのアトリエで、自分は芸術家よりもアルティザン(職人)だと語る。

                   ◇

 「阪神大震災ほど建築の安全性を考えさせられたことはなかった。安全で美しい建築をつくりたい」

 ◯建築部門 安藤忠雄

 (1941年~、独学で今日の地位を築いた世界的建築家)受賞者発表が行われたパリで、前年の大震災を振り返って。

続きを読む

このニュースの写真

  • 第8回(平成8年)
  • 第8回(平成8年)
  • 第8回(平成8年)
  • 第8回(平成8年)

「ライフ」のランキング