産経ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大隈重信と野球(上)日本独自の始球式の創始者は?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【本郷和人の日本史ナナメ読み】
大隈重信と野球(上)日本独自の始球式の創始者は?

明治41年、来日した米国のプロ野球選抜チーム「リーチ・オール・アメリカン」と一緒に写真に納まる大隈重信(後列左から4人目)=『野球歴史写真帖』(大正12年)から 明治41年、来日した米国のプロ野球選抜チーム「リーチ・オール・アメリカン」と一緒に写真に納まる大隈重信(後列左から4人目)=『野球歴史写真帖』(大正12年)から

 ちまたではサッカーの話題で持ちきりですが、ぼくは昭和の人間なので、やっぱり野球なんだなあ。ここはあえて野球でいきましょう。まずは始球式の話。

 始球式。ご存じですよね。ゲームに先立ち、ゲストがマウンドに立ってボールを投げる。このとき宇宙人・新庄剛志だとマジで打ってしまうのですが、まあふつうの1番バッターは空振りをする決まりになっている。で、球場に沸き起こる拍手。…こういう光景、野球観戦に行くと、見ることができます。

 ただし、この始球式は日本独自のものなんです。本場アメリカでは違う始球式を行う。たとえば貴賓席からゲストがフィールドへボールを投げ入れる、というパターンがある。あるいは日本のように、ゲストがマウンドに立ってボールを投げる形式のものもある。この時はバッターボックスに打者は立ちません。ホームベース近くでボールを受けるのは、ゲストにゆかりのある人物です(たとえば仰木彬さんがマリナーズに招かれて始球式をしたとき、受けたのはイチローでした)。

 さて、話を元に戻して日本式の始球式。これ、いつごろ始まったかご存じでしょうか?

 答えは明治41(1908)年。このとき、アメリカの選抜チーム(中にメジャーの選手も含まれていた)が来日し、早稲田大学の野球部と親善試合を行ったのです。この時、始球式が催された。

 となると、誰が記念すべき最初のボールを投じたか、お分かりですよね。そう、大隈重信だったのです。

 11月22日、試合に先立つマウンドには、同大学の総長である大隈伯爵(のち侯爵、没後に公爵)。伯の投球はストライクゾーンから大きくそれてしまったのですが、このとき打席に立っていた早稲田大学の1番打者は、われらが総長先生の投球をボール球にしてはまずい、恥をかかせることになると判断し、わざと空振りをしてストライクに。

続きを読む

「ライフ」のランキング