産経ニュース

安倍首相がルーブル美術館展を鑑賞 「肖像画は時代の空気を伝える」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


安倍首相がルーブル美術館展を鑑賞 「肖像画は時代の空気を伝える」

ルーヴル美術館展を鑑賞する安倍首相(中央)。左は、「戴冠式の正装のナポレオン1世の肖像」=1日、東京都港区の国立新美術館(代表撮影) ルーヴル美術館展を鑑賞する安倍首相(中央)。左は、「戴冠式の正装のナポレオン1世の肖像」=1日、東京都港区の国立新美術館(代表撮影)

 安倍晋三首相は1日、東京・六本木の国立新美術館で開催中の「ルーブル美術館展」を鑑賞した。展示は肖像芸術に焦点を当てており、首相は絵画「アルコレ橋のボナパルト」や肖像「戴冠(たいかん)式の正装のナポレオン1世」などの作品をじっくりと見入った。特に、ナポレオン1世の戴冠式の正装の彫刻については「彫刻とは思えない」と感心した様子だった。

 鑑賞後、首相は記者団に「短い時間だが、ルーブルの芸術に触れることができ、気持ちが豊かになった気がした。肖像画はその時代の空気を伝えるなと改めて思った」と感想を語った。

このニュースの写真

  • 安倍首相がルーブル美術館展を鑑賞 「肖像画は時代の空気を伝える」

「ライフ」のランキング