産経ニュース

【気になる!】文庫 『庄野潤三ノート』 温かくも緻密な作家論

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【気になる!】
文庫 『庄野潤三ノート』 温かくも緻密な作家論

『庄野潤三ノート』(阪田寛夫著、講談社文芸文庫・1700円+税) 『庄野潤三ノート』(阪田寛夫著、講談社文芸文庫・1700円+税)

 「第三の新人」の一人である作家、庄野潤三(1921~2009年)はユーモアと温かみのある筆致で日常のはかなさ、かなしさを描いた。生前親交の深かった著者が、そんな奥深い小説の深淵(しんえん)に作品の精読と本人への取材を重ねながら迫っている。

 家庭生活の危機を切り詰めた文章でつづる芥川賞受賞作「プールサイド小景」といった小説を支えるのは、ささやかな時や情景を逃さない作家の透明なレンズ。〈すべての文学は人間記録(ヒューマン・ドキュメント)だ〉という作家の言葉が印象的にひかれる。温かく緻密な作家論に導かれ、作品を手に取りたくなる。(阪田寛夫著、講談社文芸文庫・1700円+税)

「ライフ」のランキング