産経ニュース

【聞きたい。】写真家・初沢亜利さん 『隣人、それから。38度線の北』 転換期の北朝鮮 人々の暮らし写す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
写真家・初沢亜利さん 『隣人、それから。38度線の北』 転換期の北朝鮮 人々の暮らし写す

初沢亜利写真集『隣人、それから。 38度線の北』(徳間書店・3000円+税) 初沢亜利写真集『隣人、それから。 38度線の北』(徳間書店・3000円+税)

 北朝鮮を訪ねて一般市民の生活をスナップした写真集『隣人。』を刊行したのが2012年。「違和感よりも共感を」という企画として世に問い、再訪も考えていなかった。ところが金正恩(キム・ジョンウン)体制下で社会が変化していると聞いて、気になり始めたという。

 「私たちの視点や思いなどとは関係なく、どうやら北は北として独自に発展している。今回は、変わりゆく人々の暮らしを、素直に興味深く撮りました」

 収録作は16年から今年の撮影。平壌の道路には車が急増していた。交通量はざっと3倍。スマホで撮影する人々。若い男女が人前でいちゃつく。観光客、建設ラッシュ、電動自転車…。手練れのスナップショットが空気をすくい取る。

 「都心と地方で状況は違うけれど、行けるエリアが広がっていて、次第に見せられる状況になっているのかな、と思いました」

 指導者の言動だけが一国の姿ではない。土地や人の性質は日常の生活ににじみ出す。服装、乗り物、町並み、食べ物…そしてなによりも表情に。表紙の写真にあるような、街頭で手をつないだりする若者の“ゆるさ”は世界共通だろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 写真家・初沢亜利さん 『隣人、それから。38度線の北』 転換期の北朝鮮 人々の暮らし写す

「ライフ」のランキング