産経ニュース

【昭和天皇の87年】新兵器投入も総攻撃失敗… いよいよ乃木は窮地に立たされた

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
新兵器投入も総攻撃失敗… いよいよ乃木は窮地に立たされた

画=井田智康 画=井田智康

旅順攻囲戦(4)

 28センチ榴弾(りゅうだん)砲-。日露戦争の勝敗に大きな影響を与えた、国産の陸上兵器だ。口径28センチ、砲身重量1万758キログラム、砲弾重量217~224キログラム、最大射程は7800メートルに達する。

 この巨大砲は明治17~21年、イタリア人砲兵少佐の指導により大阪砲兵工廠(こうしょう)で開発され、海岸防御用の主砲として制式採用された。

 日清戦争より前の、近代兵器を輸入に頼っていた時代だ。海岸防御のためには、より有効な火砲を輸入したらどうかという意見もあったが、当時陸相だった大山巌は国産にこだわった。

 「国防上兵器が独立しなければ、真に国家の独立は期待されない」と考えたからである。

 日露開戦時、陸軍は28センチ榴弾砲を300~400門保有し、海沿いの要塞などに固定配置していた。ひと昔前の兵器だが、その破壊力を利用しない手はない。

 ロシア旅順要塞への第1回総攻撃失敗後、参謀本部は28センチ榴弾砲を旅順に移送し、乃木希典率いる第3軍に与えることを決定。明治37年9月上旬に6門が大連港に揚陸され、同月末までに前線配備が完了した。

 第3軍参謀の井上幾太郎が日記に書く。

 「(10月1日)我二十八珊(サンチ)榴弾砲の砲台完成し、本日初めて東鶏冠山、同北堡塁(ほうるい)、二龍山、松樹山及(および)椅子山に対し砲撃したるに、其(その)効果著大なるを見る」

続きを読む

「ライフ」のランキング