産経ニュース

【旬のおでかけ】愛知県西尾市 アートの島、佐久島

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【旬のおでかけ】
愛知県西尾市 アートの島、佐久島

おひるねハウス おひるねハウス

 愛知県には魅力的な島がたくさんあります。中でも今、「絵になる」と会員制交流サイト(SNS)で話題になっているのが、三河湾のほぼ中央にある佐久島(さくしま)です。島の人口は226人、バスもタクシーも信号機もない小さな島に、22のアート作品が点在しています。港近くで自転車を借りて、潮風を感じながら、楽しくアートスポットをめぐってみましょう。

 人気のアートスポットは大浦海水浴場にある石積み堤防の上に並ぶ約60羽の風見鶏のアート「カモメの駐車場」や、大島桟橋ポケットパークにある建築作品「イーストハウス」。中でも一押しなのが、石垣(しがけ)海岸にある美しい黒い箱のようなアート「おひるねハウス」です。はしごを登って格子の中に入り、思い思いのポーズを決めてパシャリ。海や空を広めに撮ると、自然とアートの見事なコラボ写真になるのでさらにすてきに。ぜひ挑戦してみてください。

 アートめぐりの途中には大アサリをはじめ、三河湾の新鮮な海の幸、みずみずしい島野菜などこだわりの食材が味わえる島ごはんや島スイーツをどうぞ。

                  ◇

 ≪観≫「佐久島」は愛知県西尾市の離島。西尾市一色町(いっしきちょう)の一色港にある佐久島行き船乗り場から高速船に乗り、約20分で到着。定期便は1日7往復(気象状況により運休の可能性あり)。片道大人(中学生以上)820円、小学生410円、未就学児は大人1人につき1人無料。

 ≪遊≫「おひるねハウス」は佐久島内石垣海岸にある建築家・南川祐輝氏によるアート作品。劇場版「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」(平成22年公開)にも登場し、話題に。島の観光の問い合わせは西尾市佐久島振興課((電)0563・72・9607)

 ≪食≫「鈴屋食堂」((電)0563・79・1044)は、佐久島名物「大あさり丼」元祖のお店。大アサリをかつ丼のように揚げて卵でとじており、濃厚なうま味が味わえる。営業は午前10時頃から。不定休。

                  ◇

 「東海じゃらん」編集長 芝谷千惠子 www.jalan.net

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング