産経ニュース

辰巳渚さんが死去 「『捨てる!』技術」がベストセラー

ライフ ライフ

記事詳細

更新


辰巳渚さんが死去 「『捨てる!』技術」がベストセラー

死去した辰巳渚さん=2001年10月1日 死去した辰巳渚さん=2001年10月1日

 ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名・加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。52歳。福井県出身。葬儀・告別式は近親者で営む。喪主は夫、秀一(しゅういち)氏。お別れの会を7月1日午後1時半から東京都台東区西浅草3の17の1、浅草ビューホテルで開く。

 出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。平成12年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。28年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。

 長野県警軽井沢署などによると、26日午前9時ごろ、軽井沢町の国道146号で辰巳さんの大型バイクと軽乗用車が正面衝突。辰巳さんは全身を強く打ち、搬送先の佐久市の病院で死亡が確認された。同署が、詳しい事故の状況を調べている。

このニュースの写真

  • 辰巳渚さんが死去 「『捨てる!』技術」がベストセラー

「ライフ」のランキング